時事用語時事問題 > 経営> ブラック企業大賞

ブラック企業大賞

ブラック企業大賞とは、労働環境の悪い会社を投票などによって決めるイベントのこと。
ブラック企業大賞企画委員会が、2012年から行っている。
投票はWebでの一般投票と、会場での投票の両方で決められる。
企業全体の労働環境や労働条件の向上、社会問題や構造を意識化し広め、誰もが安心して働ける環境をつくることを目的としている。2012年は東京電力が2013年は居酒屋チェーンの「ワタミ」が大賞となった。
大賞の他に市民賞、業界賞、ありえないで賞、特別賞がある。
賞に選ばれた企業は、社員の過労死、慢性的な長期労働、労働者の安全や健康確保の放棄など、社会的にも倫理的にも問題があると思われる事項が理由に挙げられている。



« シャーガス病 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 機能性野菜 »



■好評の無料メールセミナーはこちら