時事用語時事問題 > 経営> 格安航空会社

格安航空会社

格安航空会社とは、低価格で搭乗することができる航空会社のこと。
機内の飲食サービスや座席予約の事務管理費、路線の再構築や航空機の入れ替えなどで費用を削減し低価格を実現している。
LCC(Low-Cost Carrier)とも表記される。
国土交通省が2010年5月に、日本へのアジアの観光客誘致には格安航空会社の参入促進が不可欠として、空港の着陸料引き下げや規制緩和などを進める成長戦略を打ち出したため、今後、格安航空会社事業が活性化すると見られている。
全日本空輸が2010年6月格安航空会社事業で子会社を新設することを検討していると発表した。国内線と国際線(中国などアジアを結ぶ路線が中心)で運行を行い、現在のANAとは別ブランドとする案が有力とされている。



« 無煙たばこ | 時事用語時事問題を楽しくマスター | SIMロック »



■好評の無料メールセミナーはこちら