時事用語時事問題 > 経営> 模倣被害

模倣被害

模倣被害とは、著作物や商標物をコピーや模倣、海賊版にといった形で侵害される被害のこと。
近年、被害が複雑化広範化している。組織犯罪の資金源となるなど経済的な被害、また薬品偽造による人体への被害、粗悪な模倣品の流通により企業の信頼性の喪失やブランドイメージの低下が起こる。
特許庁では、1996年以降、模倣被害の実態について毎年調査を実施しており、調査結果の収集・分析を行っている。
調査の結果、被害は2005年度から毎年微増し、海外での被害も広がりつつある。
模倣被害の対策として企業では、「税関登録」「行政摘発」「警告状の送付」「水際対策」など、費用対効果の高いものを実施、逆に「民事訴訟」「刑事告発」といった費用対効果が低いものは実施が減少する傾向にある。



« 省エネルギー法 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 低炭素社会 »



■好評の無料メールセミナーはこちら