時事用語時事問題 > 経営> IR

IR

【IR】アイアール
企業が投資家に対して、投資に必要な企業情報を提供する活動。

IRとは、InvestorRelations(インベスター・リレーションズ)の略で、意味は投資家向けの広報活動です。

企業がIR活動を通じて投資家等と意見交換することで、お互いの理解を深め、信頼関係を構築し、資本市場での正当な評価を得ることができるということができます。

そして、その中心となるのは決算説明会です。
決算説明会とは、決算発表時期ごとに、上場企業の経営陣が過去業績の検証結果と今後の経営戦略について説明するものです。
証券アナリスト(証券会社で株価の評価を行う専門家)やファンドマネジャー(機関投資家の中で実際の投資判断を行う専門家)を招いて行います。

他にも一般的に以下のようなIR活動が行われています。

1、年4回の決算発表
2、機関投資家やアナリスト向け説明会
3、個人投資家説明会
4、事業報告書など株主向け報告資料の作成
5、工場施設などの見学会の開催
6、海外の機関投資家やアナリスト訪問

IRって何をしているのか、いまいちイメージが掴みにくいって人もいたんではないでしょうか?

実際はかなり多彩な活動をしていて、大変そうですが、面白そうですね。



« ホールディングス | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 社外取締役 »



■好評の無料メールセミナーはこちら