時事用語時事問題 > 経営> 2007年問題

2007年問題

【2007年問題】
2007年における団塊の世代の一斉退職に伴い、発生が予想される問題

2007年が起こる背景として、60歳を定年とすれば、1947年(昭和22年)生まれを中心とした団塊の世代の退職者が最も多く発生するのが2007年といわれているからです。

専門的知識や技能、経験を持った人材が一斉に会社を去ることで、マニュアル化しづらい技術の継承が、困難になったり、
企業活動自体が停滞する恐れがあるとされています。

他にも、労働力人口の減少、退職給付の負担増、年金など、社会保障関係費の増大があります。

逆にプラス面としては、
団塊の世代に支払われる退職金によって一大消費市場が発生して、
金融資産運用が拡大し、各種金融商品の開発、売り込みが活発化していることや、
新卒採用拡大も考えられます。

もう2007年まで3ヶ月半ですね。
マイナス面はしっかり準備して臨んでもらいたいと思います。



« Google | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 政治献金 »



■好評の無料メールセミナーはこちら