時事用語時事問題 > 環境> ウォームビズ

ウォームビズ

ウォームビズとは、冬期に過剰な暖房を抑制し室温が20℃でも快適に過ごすことを目的としたビジネススタイルのこと。
環境省が推進しており、“寒いときには着る、過度に暖房機器に頼らない”という原点に立ち返り、暖房器具から排出される二酸化炭素を削減し、地球温暖化の防止をすることが目的。
具体的には、温かい服装をする、使用頻度の低い会議室の空調を使う時だけにする、足元を重点的に温かくする、昼は太陽光を取り入れて、夜はカーテンやブラインドで冷気を遮るなど、身近なものやちょっとした工夫で暖房器具の温度設定を下げることができる。このような工夫をすることによって、暖房をつけずに済むのであればそれが最も望ましい。



« 公認会計士が教える生活の知恵「裏会計学」とは? | 時事用語時事問題を楽しくマスター | イレッサ »



■好評の無料メールセミナーはこちら