時事用語時事問題 > 環境> エコ村

エコ村

エコ村とは、近江八幡市の小舟木に自然環境との調和を持続可能な社会モデルとして作られていた村のこと。
コンセプトは「この自然豊かな地球で、ずっと暮らしていけるように暮らし方を見直そう。」「人も、あらゆるいきものも、いきいきと暮らせる社会をつくろう。」である。
NPO法人「エコ村ネットワーキング」、「地球の芽」が中心とって作られた小舟木エコ村推進協議会のプロジェクトとして2007年1月に着工が開始された。
住宅は採光や通風をが有効に活用できる区画となっており、家庭菜園を行っている家庭が多い。自然環境への配慮の他、歩道や車道の配置も歩行者が安心して歩けるように配置されており、夜間巡回警備や防犯カメラなど防犯体制整も整っており、入居者が安心して住める環境を作っている。



« 社畜 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | サスナビリティ »



■好評の無料メールセミナーはこちら