時事用語時事問題 > 環境> カーシェアリング

カーシェアリング

カーシェアリングとは、1台の車を複数のドライバーが使うこと。会員制や、マンションの居住者で行うものもある。レンタカーとの違いは会員制であるため、不特定多数が使用しないことであり、法令上はレンタカーと同様の扱いである。
最大のメリットは購入費用のほか、駐車場代、税金、保険費用、メンテナンス費用といった固定の維持費用が複数人で分散できるため安くすむことである。
一般的なカーシェアリングでかかる費用は入会金(入会時のみ)、月額基本料金、利用時間料金、利用距離料金である。
家計のコスト削減、環境への配慮から注目されており、2008年度のカーシェアリングの利用者数は前年比で約2倍となっている。



« 有料老人ホーム | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 沖縄国際映画祭 »



■好評の無料メールセミナーはこちら