時事用語時事問題 > 環境> カーボンオフセット

カーボンオフセット

カーボンオフセットとは、人間の活動によって排出される温室効果ガスをなるべく出さないようにし、出てしまった温室効果ガスについては、森林保護、植林、クリーンエネルギー事業などによって相殺し、差引ゼロに近づけようとする考え方や活動のこと。
温室効果ガスは主に二酸化炭素を指すが、他にもメタン、フロン亜酸化窒素、ハイドロフルオロカーボン類、パーフルオロカーボン類、六フッ化硫黄などがある。
1997年に英国の植林NGOであったフューチャーフォレストという団体の取り組みから始まり、現在はただ削減目標をかかげるだけでなく、EU圏を中心として排出権取引という形でカーボンオフセットが市場で取引されビジネスとなっている。これは、一定の排出量目標を定め、その目標より実際の排出量が少なくて済んだ場合、排出権を売ることができ、また逆に多かった場合は排出件を買うこととなる。
日本でのカーボンオフセットへの取り組みは2008年の年賀はがきで地球温暖化防止に貢献する寄附金付きの「カーボンオフセットはがき」が売り出されるなど商品にカーボンオフセットを取り込んだものが販売されたり、エコバックやごみの分別、省エネといった個人単位での活動も徐々に浸透している。
また、2008年7月に開催の洞爺湖サミットでは、地球温暖化防止が論点の1つとなっており、政府がサミット期間中に発生する二酸化炭素(CO2)を相殺する対策を講じると述べている。



« フードマイレージ | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 株券電子化 »



■好評の無料メールセミナーはこちら