時事用語時事問題 > 環境> ゲリラ豪雨

ゲリラ豪雨

短時間に限られた地域に集中的に降る予測不能な雨のこと。ゲリラ豪雨は正式な気象用語ではなく、集中豪雨の俗称としてマスコミなどで「より激しい雨」を表現する言葉として使われる。
大気の状態が不安定な時に突発的に起こることが多い。ヒートアイランド現象による影響も指摘されている。
年々豪雨による1時間あたりの降水量が増えており、2008年8月29日には、愛知県岡崎市で1時間の雨量が146ミリに達し、観測史上1位を更新した。1時間あたりの降水量の増加に伴いゲリラ豪雨による死傷者の数も増えている。
このため気象庁では、2008年度中に「局地的な大雨に関する防災気象情報の利用促進のためのガイドライン」を作成する予定。



« 全国健康保険協会管掌健康保険 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ミニマム・アクセス米 »



■好評の無料メールセミナーはこちら