時事用語時事問題 > 環境> コミュニティサイクル

コミュニティサイクル

コミュニティサイクルとは、公共空間を利用して共用の自転車の貸出拠点を作り貸出と返却は異なる拠点でも可能とし、低料金で利用することが出来る仕組みのこと。
自転車は利用に温室効果ガスを出さず、体を動かすので健康促進になるため、海外では広く普及している。
日本でも自治体や企業が主催して社会実験が実施しされており、今後、環境対策の一環としての展開が期待されている。
問題点は、事故が多いことである。
原因は日本では「自転車道」が整備されていないため、その時の道路事情により、車道を通る、歩道を通るなど法律が変わること、自転車には免許など試験がないため自転車の通行に関する法律が浸透しないこと、法律が浸透していないので自転車の運転者が自己判断で通行することが大半であること、などがある。



« ハブ空港 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 東京国際マンガ図書館 »



■好評の無料メールセミナーはこちら