時事用語時事問題 > 環境> コールベッドメタン

コールベッドメタン

コールベッドメタンとは、石炭層の中にあるメタンガスのこと。
石炭は、木材から亜炭、褐炭、亜瀝青炭、瀝青炭、無煙炭と石炭化が進行していく過程で水分とメタンを放出し、石炭層の中に蓄積される。日本には275億t、北海道だけでも140億t以上の石炭がある。
他の天然ガスより浅い300m~1000m掘削で採取が可能なため、環境破壊も少なく、燃焼時の二酸化炭素や窒素酸化物排出量が石油・石炭よりも少なく、硫黄酸化物はまったく出さない。
このメタンガスを、資源として取り出す技術が確立されており、新たな資源として注目を集めている。



« 微細藻バイオプラスチック | 時事用語時事問題を楽しくマスター | フードバンク »



■好評の無料メールセミナーはこちら