時事用語時事問題 > 環境> サンライズ計画

サンライズ計画

サンライズ計画とは、設置可能な全てのビルや住宅に太陽光パネルを設置し、2030年に2009年比で15倍に増やす構想のこと。
経済産業省が構想をまとめた。太陽光発電のコストを2020年には現在の3分の1に、30年には6分の1まで引き下げる。
2011年5月26日にフランス・ドービルで開幕される主要国首脳会議では、2011年3月に起きた東日本大震災で起きた福島第一原発の事故を受けて、原子力の安全性などが議題に上がると見られている。
これについて、今後の日本のエネルギー政策の方向性として、再生可能エネルギーを、基幹エネルギーの1つとし、そのための革新的技術開発プロジェクトとして、サンライズ計画を発表する予定。



« カーボン・オフセットトマト | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ハーグ条約 »



■好評の無料メールセミナーはこちら