時事用語時事問題 > 環境> サーチュイン遺伝子

サーチュイン遺伝子

サーチュイン遺伝子とは、長寿遺伝子のこと。
飢餓状態となった時に、死の危機を回避するためのメカニズムで、活性酵素を抑えたり、抗体が活性化したりして、個体の寿命を延ばす働きをする。
2000年アメリカのマサチューセッツ工科大学レオナルド・ガレンテ博士が酵母から発見した。
地球上のすべての生物がもっているとされている。普段は眠った状態で働かないが、摂取カロリーを必要量の8割程度に抑えることで目覚めさせる事ができる。
食事を抑制する他にレスベラトロールという成分の摂取でも同様の効果が得られるとされている。



« 新型うつ病 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | pixiv »



■好評の無料メールセミナーはこちら