時事用語時事問題 > 環境> シルバースキン配合紙ナプキン

シルバースキン配合紙ナプキン

シルバースキン配合紙ナプキンとは、コーヒー豆の皮を配合して作られたリサイクル紙ナプキンのこと。
株式会社伊藤園と溝端紙工印刷株式会社が共同で開発した。
シルバースキンとは、コーヒーの生豆を焙煎する過程で出る廃棄物で、コーヒー豆の薄い種皮で、銀色に見えることからこう呼ばれている。
伊藤園では、連結子会社であるタリーズコーヒーで使用するTULLY’S COFFEEシリーズを生産している。この際、原料豆を焙煎した時に出るシルバースキンを紙ナプキンに配合することで、廃棄物を減らしパルプ原料の削減をすることができる。
2012年7月から順次全国のタリーズコーヒーに展開中。



« 好適環境水 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 福祉給付制度適正化条例 »



■好評の無料メールセミナーはこちら