時事用語時事問題 > 環境> ストーンペーパー

ストーンペーパー

ストーンペーパーとは、石から抽出した石灰石の粉末に高密度ポリエチレンを加えるて作られた紙のこと。
木材やケナフ等の植物を使わないため森林伐採の必要がなく、製造時に化学薬品等を使用せず水洗浄がないので排水による水質汚染や土壌汚染の心配がなく、工程が他の紙よりも少ないためエネルギー消費も少ない、環境負荷の少ない紙である。
ストーンペーパーの特徴として、他の原料で作られた紙に比べ耐水性があり、丈夫で破れにくく長持ちする。そして、ペンで文字や絵を書くと、インクのかすれが起きにくく、書き心地が良い。
こうした特徴を生かして、チラシや名刺、メモ帳など幅広い用途で活用が広まっている。また、企業ではこの紙を使った印刷物を作ることで環境負荷の低減に取り組んでいることがアピールできるメリットがある。



« いじめ後遺症 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 不活化ポリオワクチン »



■好評の無料メールセミナーはこちら