時事用語時事問題 > 環境> タケシマヤツシロラン

タケシマヤツシロラン

タケシマヤツシロランとは、光合成をせず、花が咲かないラン科の植物のこと。
2012年4月に鹿児島県三島村で発見された菌従属栄養性の新種の植物で、京都大大学院の人間・環境学研究科研究員、末次健司氏が発見した。鹿児島県三島村では、竹林に100個体以上が自生している。
菌従属栄養性は、きのこなどの菌類に寄生して栄養を得る植物で、光合成を行わず1年のうちの多くを地中で過ごす。4~5月だけ地上に芽を出してつぼみができるが、開花せずにつぼみの状態で自家受粉し、そのまま種子を作る珍しい植物。
今後、なぜこうした進化を遂げたのか、研究・解明していく予定。



« カレーメシ | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 孫旅 »



■好評の無料メールセミナーはこちら