時事用語時事問題 > 環境> チャレンジ25

チャレンジ25

チャレンジ25とは、日本の温室効果ガス削減目標は1990年比で2020年までに25%としていることからこれを実現するための国民運動のこと。
削減目標は2009年9月に鳩山内閣総理大臣がニューヨークの国連気候変動サミットで表明し2010年1月14日より、新たに展開を始めている。
あらゆる政策を総動員して地球温暖化防止の対策を推進する予定。
2010年前は、地球温暖化防止のための国民運動はチーム・マイナス6%であったが、よりCO2削減に向けた運動となった。
オフィスや家庭などに日常生活で実践できるCO2削減に向けた具体的な行動として提案されたいる「6つのチャレンジ」は次の通り。
①エコな生活スタイルを選択しよう。②省エネ製品を選択しよう。③自然を利用したエネルギーを選択しよう。④ビル・住宅のエコ化を選択しよう⑤CO2削減につながる取組を応援しよう。⑥地域で取組む温暖化防止活動に参加しよう。
ただし、「エコ」と呼ばれている製品、活動でも、営利目的や知識不足から、本当は環境によくないものもあるので、注意したい。
レジ袋をもらわないようにしてエコバックを持つのは良いことだが、たくさんエコバックを買ったとしたら、エコバックは石油原料の化学繊維でできているものが多いのでエコにはならない。



« グリーンIT | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 下水油 »



■好評の無料メールセミナーはこちら