時事用語時事問題 > 環境> バイオガソリン

バイオガソリン

バイオガソリンとは、バイオエタノールと石油系ガスのイソブテンを合成した「バイオETBE」を1%以上配合した混合ガソリンのこと。
バイオガソリンは通常のガソリンと同じ使い方ができる。2009年6月1日、新日本石油がバイオガソリンを東京、神奈川、長野、山梨、埼玉、群馬、栃木の1都6県で861箇所で販売を開始。従来のレギュラーガソリンと性質や燃費はほとんどかわらず、価格も同程度である。なお、バイオガソリンはJIS(日本工業規格)及び品質確保法に定められた規格に合致している。
CO2排出の少ないガソリンとして温室効果ガス排出削減に向けた取り組みとして注目を集めている。



« フリースクール | 時事用語時事問題を楽しくマスター | クラスター禁止条約 »



■好評の無料メールセミナーはこちら