時事用語時事問題 > 環境> バイオ燃料

バイオ燃料

植物性の物質を利用して作られる、
主に自動車を動かす石油燃料の代替物として注目されているエネルギー。

バイオ燃料は、
具体的には木材などからエタノール(エチルアルコール)、
メタノール(メチルアルコール)、食用油などからメチルエステルなどを作り、
これを自動車用燃料として利用することです。

海外では、EU諸国におけるバイオディーゼルの利用促進等、
バイオ燃料の実用化が各国で進められています。

バイオ燃料は、原料となる植物自体がすでに二酸化炭素(CO2)を吸収しているから、
製造段階や燃やしたときに排出されるCO2は理論的にはゼロと考えられます。

また、太陽と水があれば育成可能な植物は、
枯渇が心配されている化石系原料に対して、
持続的利用可能な原料として位置づけられます。

ただ食料として用いられる穀物の利用や、
農家のバイオ燃料用食物への移行により、
世界的な穀物不足も懸念されています。



« 消費期限 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 通常国会 »



■好評の無料メールセミナーはこちら