時事用語時事問題 > 環境> ラドン

ラドン

ラドンとは、無色無臭の気体で希ガスに分類される。
ウラン238の崩壊系列中から生み出されるので、通常の空気中に存在している。発生要因は、複数あり、また濃度の変化も大きいため常に変化している。
地震発生との関連性については、他の要因で発生するラドンと地震が原因で発生するラドンとの区別を明確にするのが困難な段階である。
日本の阪神淡路大震災発生時には神戸薬科大が観測していた大気中のラドンの濃度が数ヶ月前から異常に上昇していたことが知られている。
2009年4月に起きたイタリアの地震でもラドン濃度の異常な上昇を観測し、警告を行った科学者がいた。



« 初音ミク | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 臓器移植法 »



■好評の無料メールセミナーはこちら