時事用語時事問題 > 環境> ルミレッシュ

ルミレッシュ

ルミレッシュとは、光に反応して抗菌・抗ウイルスの機能を発揮する触媒(可視光応答型光触媒)のこと。
昭和電工株式会社の連結子会社昭和電工セラミックス株式会社が開発した。
2014年7月にテント構造物のトップメーカーである太陽工業株式会社が販売する新たなテント膜材に採用された。抗菌・抗ウイルス機能をもつ屋内用膜材「ヒカリプロテクスタイル」で、2015 年1月の販売が予定されている。
従来の光触媒は、太陽光に多く含まれる紫外光により効果を発揮してたが、ルミレッシュは屋内の蛍光灯などの弱いエネルギー光でも菌やウイルスを不活化させることが確認されている。
特徴として、
・光触媒反応によって菌・ウイルスの表層タンパク質を分解し、感染能力を不活化させる。
・菌・ウイルス種の選択性が無く、インフルエンザウイルス、ネコカリシウイルス(ノロウイルスの代替ウイルス)、MRSA等にも不活化効果を発揮する。
・特殊な銅化合物との相乗効果により、特に優れた抗ウイルス活性を発揮する。
今後は、光触媒の用途は従来の外装のみならず、病院・学校などの公共施設や生活空間などの内装からさらには環境清浄化システムへと拡大することが予想される。



« 空き家バンク | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ネオニコチノイド »



■好評の無料メールセミナーはこちら