時事用語時事問題 > 環境> 低炭素社会

低炭素社会

低炭素社会とは、温室効果ガス(主に二酸化炭素)の排出量を抑えた社会のこと。
2007年に環境省が「低炭素社会づくり」を提唱し、その基本理念や具体的なイメージを明らかにし、戦略の検討に着手したことから広まっていった。
2010年度の経済産業省が発表した予算の概算要求は「低炭素社会づくり」の実証事業に105億円を挙げており、ビジネスにおいて、注目が高まっている。具体的には「太陽光発電」「燃料電池」「省エネルギー」などの実証事業を行う予定である。



« 模倣被害 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | クラウドコンピューティング »



■好評の無料メールセミナーはこちら