時事用語時事問題 > 環境> 光化学スモッグ

光化学スモッグ

工場や事業場あるいは自動車などから大気中に排出された窒素酸化物(NOx)と炭化水素(HC)は、
太陽光線に含まれる紫外線を受けて化学反応を起こして変質し、
「光化学オキシダント」と総称されるオゾン(O3)、アルデヒド、パーオキシ・アセチル・ナイトレート(PAN)などの酸化性物質が二次的に生成されます。

「光化学スモッグが発生」している状態とは、日射が強く、気温が高く、風が弱いなどの気象条件が重なった場合、光化学反応によって生成された物質が、
大気中で拡散されずに(薄まらずに)滞留することで上空が霞んで、白いモヤがかかったような状態を言います。

光化学オキシダントが高濃度となる場合には、目や呼吸器などの粘膜を刺激して、健康被害者がでることもあります。

近年は日本の原因だけでなく、中国からの越境汚染も問題になっています。
日中双方に改善の余地があるので対話をして解決していきたいですね。



« MBO | 時事用語時事問題を楽しくマスター | FRB »



■好評の無料メールセミナーはこちら