時事用語時事問題 > 環境> 光老化

光老化

光老化とは、紫外線に長い期間当たることによって起こる皮膚障害のこと。
時間の経過による肌の老化とは違い、長い期間、紫外線が当たる体の部分、主に顔や首の皮膚にみられる変化をいう。
光老化の特徴としては、皮膚の色の黄ばみ、しみの増加、太くてゴワゴワした深いしわの増加、肌のきめが変形し皮膚のつやがなくなり、かさかさと乾燥するなどが挙げられる。さらに「皮膚癌」も発生しやすくなる。
光老化への対策は、日光に当たらないことが一番良いが、外出時に服装や日焼け止めなどで日ごろから心がけることが大切である。
服装は、長袖シャツや色の濃いもの、線維密度が細かい素材(木綿やポリエステル)がよい。
日焼け止めは、SPF(UVBをカットする機能)、PA(UVAカット機能)の値が高いものを選ぶと紫外線カット効果は高いが、皮膚への負担も大きくなるため、バランスを考えて使用することが重要である。



« 日本卸電力取引所 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | コシガヤホシクサ »



■好評の無料メールセミナーはこちら