時事用語時事問題 > 環境> 太陽光発電

太陽光発電

太陽光発電とは太陽の光エネルギーを吸収し電気に変える太陽電池を利用した発電システムのこと。
ソーラー発電とも呼ばれる。
太陽光発電システムは、太陽電池を配置した太陽電池パネルと、太陽電池で発電した電気を家庭用の交流100Vに変えるインバーター、電気の逆流を防ぎ集電を行う接続箱、電力売買電メーターなどから構成される。
太陽光発電は、太陽光がある昼間に発電されるため、電力需要が高まる時間帯の電力を補い、温室効果ガスの排出量を削減できる。設置のための導入費用が高価だが、規模に制限がないため自由な大きさに設定できることや、エネルギー源が太陽なため無尽蔵で無償、エネルギーを作るための副産物(排気、廃棄物など)が発生しないなどクリーンなエネルギーとして注目されている。
しかし、課題としては他の発電方法に比べて発電電力量当たりのコストがかかるや、晴れ以外天候や夜間時間帯に発電量が低下、または発電不可能となること、蓄電できないなどがあげられる。
また、製造過程での環境負荷が高かったが、最近では、太陽光発電を手がける企業や研究者によって、製造過程の環境負荷も軽減やコストダウンが実現されつつある。



« 異常気象 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 有機栽培 »



■好評の無料メールセミナーはこちら