時事用語時事問題 > 環境> 宮脇方式

宮脇方式

宮脇方式とは、宮脇昭氏の提唱する植樹方式のこと。
その土地に従来から生息している種類の木を選定し、複数種の木を混植・密植することで、木の成長過程に自然淘汰や共存共栄が起こり、人間の管理を必要としない森が形成される。
この方式により植樹された木は、通常の植樹よりも成長速度が速く、丈夫に成長する。
日本や海外でも取り入れられており、国内では、企業、学校、団体と提携し、緑化運動が行われている。また、林野庁では、2009年度から国有林の一部で宮脇方式を採用している。



« リフレ | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ICT »



■好評の無料メールセミナーはこちら