時事用語時事問題 > 環境> 微細藻バイオプラスチック

微細藻バイオプラスチック

微細藻バイオプラスチックとは、ミドリムシ(ユーグレナ)を主原料とするプラスチックのこと。
ミドリムシは微細藻の一種。
産業技術総合研究所、NEC、スマートエネルギー研究所 、宮崎大学が共同で開発した。独立行政法人 科学技術振興機構(JST)の先端的低炭素化技術開発の一環として行われた。
ミドリムシが作り出す多糖類パラミロンにミドリムシ由来の油脂成分ワックスエステルまたはカシューナッツ殻由来の油脂成分であるカルダノールを使って合成され、植物成分率が70%という高い割合であることが特徴。
ミドリムシは、水中で光合成し、陸上の植物よりも太陽エネルギーの利用効率が良く高濃度の二酸化炭素を直接利用するため、環境に配慮したバイオプラスチックとして、また、石油由来製品を代替する注目されている。



« 上総掘り | 時事用語時事問題を楽しくマスター | コールベッドメタン »



■好評の無料メールセミナーはこちら