時事用語時事問題 > 環境> 有機薄膜太陽電池

有機薄膜太陽電池

有機薄膜太陽電池とは、半導体ポリマーを基板に塗布して作成した太陽光で発電する電池のこと。
理化学研究所の創発物性科学研究センターの創発分子機能研究グループがエネルギー変換効率を10%に高め耐久性も同時に向上させることに成功した。
有機薄膜太陽電池は半導体ポリマーを基板に塗布して作成するので大面積化が可能となる。そのため低コストで環境負荷が少ないプロセスで作ることができる。
軽量で柔軟という特徴もあり、色も自由に変えられるので、様々な形に加工することも可能。
今後はさらに変換効率を上げる研究が続けられる予定。、



« ホーブディング | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 分限免職 »



■好評の無料メールセミナーはこちら