時事用語時事問題 > 環境> 特別警報

特別警報

特別警報とは、気象庁が発表する警報のこと。
大雨は数十年に一度の大雨となるおそれがある場合、噴火は居住地域に影響が及ぶ噴石や火砕流のおそれがお大きい場合、津波は3m超で内陸まで影響が及ぶ大津波のおそれが大きい場合に発令される。
2013年8月に創設された。
東日本大震災による津波や、2011年年台風第12号による紀伊半島を中心とする大雨で、気象庁から警報が出ていたにもかかわらず、甚大な被害が出た。警報で災害の危険性や深刻さが伝わらず避難行動に結びつかなかったため被害が大きくなった。このような事態を受けて気象庁では大規模な災害の発生が切迫していることを伝えるために創設した。
2013年9月に上陸した台風18号で京都府・滋賀県・福井県に「大雨特別警報」が初めて使われた。



« スーパーセル | 時事用語時事問題を楽しくマスター | サルコペニア肥満 »



■好評の無料メールセミナーはこちら