時事用語時事問題 > 環境> 環境会計

環境会計

企業等が、持続可能な発展を目指して、社会との良好な関係を保ちつつ、環境保全への取組を効率的かつ効果的に推進していくことを目的として、事業活動における環境保全のためのコストとその活動により得られた効果を認識し、可能な限り定量的(貨幣単位又は物量単位)に測定し伝達する仕組み

企業が環境対策や環境保全を進めるためにどれだけのコストをかけたかを調査します。
またその結果、どんな効果が得られたかを、定量的に評価することで、自社の環境保全への取り組みを、より効率的で、効果の高いものにすることができます。

環境会計の機能は、「内部機能」と「外部機能」に分けられています。

■内部機能

環境保全において生じるコストやその取り組みで生じる効果を調査し、、
経営者がより効率的で効果的な環境保全への取り組みができるよう促す機能です。

■外部機能
環境保全の取り組みを定量的で比較しやすい値として外部に示すことで、ステークホルダーに対して環境経営の取り組みをアピールすることができます。

環境会計は企業のCSR報告書に広く記載されています。



« SRI | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 環境報告書 »



■好評の無料メールセミナーはこちら