時事用語時事問題 > 環境> 異常気象

異常気象

異常気象についての定義は気象庁が定めたものと、WMO(世界気象機関)が定めたものがある。気象庁では過去30年の気候に対して著しい偏りを示した天候のこととしている。WMO(世界気象機関)では平均気温や降水量が平年より著しく偏り、その偏差が25年以上に1回しか起こらない程度の大きさの現象としている。
これらの定義の他、風雨、風雪、大雨、暴風など社会生活に支障を及ぼす大気現象や風雨、風雪、大雨、暴風など社会生活に支障を及ぼす大気現象を異常気象と呼ぶこともある。
一般にはメディアを中心として、激しい気象、荒天、悪天候、または季節の時期が大きくずれる事など気象災害に近い現象を異常気象と呼ぶことが浸透しつつある。



« Uメモ | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 太陽光発電 »



■好評の無料メールセミナーはこちら