時事用語時事問題 > 環境> 真砂土

真砂土

真砂土とは、花崗岩が風化してできた砂質土のこと。
もともとが岩石のため、乾いた状態では見かけ上固く見えるが、実際は粘着力が低く流水によって侵食崩壊しやすい。
特定のものを除いては、基本的に植物が育ちにくい。この特性を生かして、ガーデニングで草を生やしたくない部分に利用されている。
2014年8月に広島市で大規模な土砂災害が起きた。被害地域は、真砂土の上を薄い表土が覆っている地質で、雨で水がたまると斜面の崩壊や土石流が発生しやすい。平地が少ないため、山地部まで宅地が広がっており、以前から危険な住宅区域が多いと指摘されていた。



« 砂防ダム | 時事用語時事問題を楽しくマスター | デング熱 »



■好評の無料メールセミナーはこちら