時事用語時事問題 > 環境> 都市鉱山

都市鉱山

都市鉱山とは、都市に存在している家電製品などを構成する部品に含まれる希少金属(レアメタル)などを鉱山とみなす考え方。都市鉱山から採れた希少金属は資源として再利用される。
家電製品から採れる金属には金、銀、銅、鉛、アルミ、タンタル、インジウムなどがある。
日本の都市鉱山に存在する埋蔵量は、金6,800トンで全世界の現有埋蔵量の約16%、銀は60,000トンで世界の埋蔵量の22%、インジウムは全世界の現有埋蔵量の61%、錫は全世界の現有埋蔵量11%、タンタルは全世界の現有埋蔵量10%である。
これらの都市鉱山は重要な資源だが、回収を行い、再び金属資源として使用できる状態にするためには費用がかかる。さらに、都市鉱山資源は日本国内より海外で高く評価されており、海外で資源として買い取るケースが増え、都市鉱山の資源が海外の流出が進んでいる。



« ウォーターレタス | 時事用語時事問題を楽しくマスター | プライベートブランド »



■好評の無料メールセミナーはこちら