時事用語時事問題 > 環境> COP10

COP10

COP10とは、生物多様性条約を結んでいる国が集まる10回目の国際会議のこと。
2010年10月に名古屋市でMOP5(カルタヘナ議定書第5回締約国会議)と共に開催予定。COPは1994年11月に第1回が開催され、2004年からはMOPと同時に開催されることもある。
COPはConference of the Partiesの頭文字で、条約は、地球上の多様な生物をその生息環境とともに保全すること、生物資源を持続可能であるように利用すること、遺伝資源の利用から生ずる利益を公正かつ衡平に配分することを目的としている。
COP10での議題は、2002年のCOP 6で採択された「生物多様性の損失速度を2010年までに顕著に減少させる」という目標について、2010年の目標の達成状況の検証、新たな目標の策定、遺伝資源へのアクセス、利益配分に関する国際的な枠組みの策定、等が予定されている。



« レアアース | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ペイオフ »



■好評の無料メールセミナーはこちら