時事用語時事問題 > 環境> IDO STATION

IDO STATION

IDO STATION (井戸ステーション)とは、マイボトルを持ち歩く人をターゲットに作られた水・湯の給水所のこと。
環境意識の高まりとともに、ペットボトルを持たずに、家で入れたお茶やコーヒーなどの飲料水を持ち歩く人が増えたが、飲み終わった後の給水ができないと言う問題があった。このような人のために、企業・店舗の中にIDO STATIONを設置し企業・店舗は無料で水を提供する。企業・店舗は環境活動に貢献しているアピールや社員の福利厚生にも貢献し、マイボトルユーザは無料で水の供給を受けることができる。
株式会社アスキット・イーがプロジェクトを立ち上げている。
水の供給に使われるのはPRディスプレイ付きピュアウォーター給水機で、水道水をろ過し、純度の高い水と98度の湯を供給する。また、給水機の上に、サイネージ・液晶テレビを取り付け、電子ポスターでECOごころをメッセージする仕組みになっている。



« ワークシェアリング | 時事用語時事問題を楽しくマスター | サージカルマスク »



■好評の無料メールセミナーはこちら