時事用語時事問題 > 健康> アクリルアミド

アクリルアミド

アクリルアミドとは、主に工業に用いられる化学物質のこと。
紙力増強剤や水処理剤、土壌凝固剤、漏水防止剤、化粧品(シェービングジェルや整髪剤)などに用いられるポリアクリルアミドの原料として1950年代から製造されている化学物質であるが、人体には有害となる。
食べたり、吸い込んだり、触れたりした場合に、神経障害を起こすほか、発がん性がある可能性が指摘されている。
2002年にスウェーデン食品庁とストックホルム大学が、揚げたり、焼いたりしたジャガイモ加工品や穀類加工品に、アクリルアミドが高濃度に含まれる可能性があることを発表し、これを受けて、日本では2003年頃から農林水産省が調査研究を行っている。
アクリルアミドは、炭水化物を多く含む原材料を高温(120℃以上)で加熱調理した食品に含まれる。例えば、ポテトチップス、フライドポテトなど、じゃがいもを揚げたスナックや料理、ビスケット、クッキーのように穀類を原材料とする焼き菓子、コーヒー豆、ほうじ茶葉、煎り麦のように、高温で焙煎した食品などに、高濃度に含まれている。
日本ではアクリルアミドに関する規制はないが、農林水産が、アクリルアミド低減の必要性について食品事業者に周知しており、食品メーカーでは自主的に食品の製造過程でアクリルアミドが低減するような工夫を行っている。



« アビガン錠 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 和紙 »



■好評の無料メールセミナーはこちら