時事用語時事問題 > 健康> サッカリン

サッカリン

サッカリンとは人工甘味料の一つ。甘みが砂糖の200倍~500倍程度あると言われている。苦味もあるため他の甘味料と併用されることが多い。
砂糖より安価であったため、かつては大量に流通していたが、発ガン性の疑いがあったため1973年に使用禁止になった。その後の研究成果で、発ガン性は低いことがわかり、現在ではチューイングガムに使用されている。ただし、人工甘味料の中では毒性があるもとされており、使用量は制限されている。成人でも毎日5〜25g摂取すると数日で下痢や胃酸過多などの症状を引き起こす危険がある。



« アスパルテーム | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ステビア »



■好評の無料メールセミナーはこちら