時事用語時事問題 > 健康> サーバリックス

サーバリックス

サーバリックスとは、英系製薬会社グラクソ・スミスクラインの子宮頸癌のワクチンのこと。
子宮頸癌の原因の薬7割を占めるヒトパピローマウイルス(HPV)のタイプ16と18によって起こる子宮頸癌を高い確率で予防することができる。
現在、米国、欧米や豪州、カナダなど世界100カ国以上で使われている
ワクチンの接種は3回必要で費用は3~4万円かかるが、厚生労働省では、費用負担をどうするか決めていない。接種対象については日本産科婦人科学会や日本小児科学会などが合同で11~14歳の女児を推奨することを検討している。
子宮頸癌は他の癌と同じく早期発見が大切だが、検診の受診率が20%と低いため、ワクチンの普及により発病者の減少が期待されている。



« ピンクリボン | 時事用語時事問題を楽しくマスター | マイクロファイナンス »



■好評の無料メールセミナーはこちら