時事用語時事問題 > 健康> ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品

【ジェネリック医薬品】じぇねりっくいやくひん
特許期間が切れたことで同じ効果で安く提供できる後発医薬品

・ジェネリック医薬品とは?

「新薬」として最初に発売された薬は特許に守られ、開発したメーカーが独占的にその薬を製造販売することができます。これが「先発医薬品」です。

ところが20~25年の特許期間が切れると、他のメーカーも同じ成分、同じ効果のお薬を製造できるようになります。
これが「ジェネリック医薬品」で、その価格は新薬の2~8割に設定されています。
庶民のみかたですよね!!

医療費の抑制が狙いで、「国」、「医療保険」、「患者」が負担しており、それぞれの負担を軽減することが狙いです。

現在ジェネリック医薬品が普及していくために法改正の議論が進められています。
これまでは「新薬」を使用することが標準的な処方で、ジェネリック医薬品の普及は進んでいませんでした。

法改正後はジェネリック医薬品を処方することを標準として患者に処方していくようになりそうです。

高齢社会に対してはすごく革新的なものになるかもしれませんね。



« セカンドライフ | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 三角合併 »



■好評の無料メールセミナーはこちら