時事用語時事問題 > 健康> スマホ老眼

スマホ老眼

スマホ老眼とは、スマートフォンの使い過ぎで、老眼のような症状がでること。
老眼とは、近いところが見えにくくなる、ピンとが合いにくくなるなど目の老化現象の一つ。40歳前後から始まる。
しかし、最近ではスマートフォンの使い過ぎで20代や30代でも老眼と同じような症状を訴える人が増えてきている。
パソコンでも同様な症状がでるが、スマートフォンの方が使用時に目との距離が近いためより症状がでやすい。
このような症状の予防には、目を酷使せず、遠くを見たり、目を動かして目の緊張を和らげるなどして、定期的に目を休ませるようにするとよい。



« スラックライン | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ガラホ »



■好評の無料メールセミナーはこちら