時事用語時事問題 > 健康> トレハロース

トレハロース

トレハロースとは天然甘味料でオリゴ糖の一つ。甘味は砂糖の45%程度で、まろやかな甘味があり虫歯の原因になりにくい。他の甘味料ともよく調和し、素材のうまみを引き出しながら、甘さを抑えた仕上がりとなるため和菓子、洋菓子、パン、惣菜、水産加工品、畜産加工品、レトルト食品、冷凍食品、飲料水など数多くの食品に使用されている。
トレハロースは自然界の多くの動物、植物や微生物中に含まれている。
特徴としては酸、熱に対して非常に安定ていること、でんぷんの老化防止作用、タンパク質変性防止、味や食感の保持、色素の安定化、高い保水力、矯味矯臭効果など非常に多くものもを持っている。
食品添加物とては、既存添加物に分類され、赤福の賞味期限偽装事件でもトレハロースが使われていた事が明らかになった。このように餅、団子、白玉などもちもちとした食感を維持するためにも使用される。
食品の他、高い保湿力を生かして化粧品に使用されたり、組織や蛋白質の保護作用を活かして臓器移植時の臓器保護液など医薬品にも使用される。



« ステビア | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 天然甘味料 »



■好評の無料メールセミナーはこちら