時事用語時事問題 > 健康> ノロウイルス

ノロウイルス

【ノロウイルス】
非細菌性急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一種。

ノロウイルスによる集団感染は、世界各地の学校や養護施設などで散発的に発生しています。

ノロウイルスを含む食品などを摂取した後1~2日の潜伏期間を経て、急性胃腸炎の症状が現れるようになります。
症状としては、多くの場合、嘔吐、下痢、腹痛が見られ、微熱を伴うこともある。
症状の始まりは突発的に起こることが多く、夜に床についていたら突然腹の底からこみ上げてくる感触がきて吐き気を催し、
吐いてしまうことが多い。しかもそれが一度で終わらず何度も激しい吐き気が起ったり吐いたりして、
吐くためにトイレの便壺のそばを離れられないといったことも起きる。

しかも、無理に横になろうとしても気持ち悪くて横になれない。吐き気が収まった後は、急激且つ激しい悪寒が続き、
さらに発熱を伴うこともある。
これらの症状は通常、1、2日で治癒し、後遺症が残ることもない。
ただし免疫力の低下した老人では、死亡した例も報告されている。

なかなか強烈ですね。そして、2006年現在、ノロウイルスに有効な抗ウイルス薬やワクチンは存在しないらしいです。

感染経路としては、カキなどの貝類(食中毒)と、感染者からの伝染であるため、
特に飲食物を扱う人が十分に注意を払うことが、効果的な感染予防になります。

全国各地で集団発生件数が急増しています。
みなさん、体調管理には気をつけて、手洗いうがいはしっかりしましょうね!



« 道路特定財源 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 貸金業規制法 »



■好評の無料メールセミナーはこちら