時事用語時事問題 > 健康> パンデミックインフルエンザ警報フェーズ

パンデミックインフルエンザ警報フェーズ

パンデミックインフルエンザ警報フェーズ とは世界保健機関(WHO)が定めたインフルエンザの流行・感染の段階のこと。世界にパンデミックの脅威の深刻さおよびより高度の事前計画活動を実施する必要について警告し周知させることを目的として作られた。
パンデミック間期からパンデミック期まで下記の6フェーズに分類される。
・フェーズ1はパンデミック間期と呼ばれヒト感染のリスクは低い。
・フェーズ2は動物間に新しい亜型ウィルスが存在するがヒトへの感染はないとされるが、ヒトへの感染リスクは高い状態。
・フェーズ3はパンデミックアラート期と呼ばれ、ヒトからヒトへの感染は無いか、極めて限定されている状態。
・フェーズ4は新しい亜種ウィルスによるヒト感染が発生し、ヒトからヒトへの感染が増加していることの証拠がある状態。
・フェーズ5は新しい亜種ウィルスによるヒト感染が発生し、かなりの数のヒトからヒトへの感染がある証拠がある状態。
・フェーズ6はパンデミック期と呼ばれ、効率よく持続したヒトからヒトへの感染が確率した状態。
なお、世界の2009年6月現在の新型インフルエンザのH1N1型は最高水準であるフェーズ6に、H5N1型はフェーズ3に位置づけられている。



« ソーシャルコンピューティング | 時事用語時事問題を楽しくマスター | エコポイント »



■好評の無料メールセミナーはこちら