時事用語時事問題 > 健康> プラズマクラスター

プラズマクラスター

プラズマクラスターとは、自然界にあるのと同じ+(プラス)と-(マイナス)のイオンをプラズマ放電により作り出し放出し、浮遊するカビ菌やウイルスを空中で分解・除去する空中除菌技術のこと。
シャープの特許技術。
主な効果に、ウィルスやアレルギーの原因物質やカビ菌の分解・除去、付着したカビ菌の増殖抑制、タバコの臭いの分解・除去、衣類に付いた汗臭の消臭がある。
インフルエンザなどの病原となるウィルスに対しても効果があり、空気中にあるウイルスのタンパク質を分解し不活化するため、ヒトに感染しにくくなる。



« 消費者ホットライン | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 体験型ギフト »



■好評の無料メールセミナーはこちら