時事用語時事問題 > 健康> ペットボトル症候群

ペットボトル症候群

ペットボトル症候群とは、糖分の多い飲み物を大量に飲むことにより、高血糖や糖尿病になること。
清涼飲料水ケトーシスともいう。糖分の多いペットボトルの飲み物を水の代わりに飲む10代~30代に多い。
ペットボトル症候群の症状は、体がだるくなる、喉が渇く、トイレに行く回数が増えることなどがあげられる。
本人の自覚がないまま、軽い糖尿病にかかり、糖分の多い飲み物を大量に飲み続けると症状が重くなり意識不明になったり、最悪の場合は死に至ることもある。
市販のペットボトルの清涼飲料水には500ミリリットルのボトル1本当たり25~50グラムという多量の糖質が含まれている(スポーツドリンクにも糖分が多く含まれている)ので、糖分の量を認識した上で摂取を調節したい。



« 多様生物コスメ | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ヤセボ »



■好評の無料メールセミナーはこちら