時事用語時事問題 > 健康> ホーブディング

ホーブディング

ホーブディングとは、自転車用エアバッグヘルメットのこと。
事故時にエアバックが開くので、普段はヘルメットのように被る必要はなく、首に巻く形となっているので装着しやすい。、
使用方法は、ホーブディング(HOVDING)を首に巻いてチャックをあごの下まで引き上げて装着する。ファスナーに付いているボタンを本体に取り付けるとセンサーが起動する。そして事故が起きた際には、挙動をモーションセンサーで探知しエアバックが膨らむという仕組み。
センサーは充電式となっていて、18時間持続。事故が起きた際には事故の10秒前からモーションを記録する機能もついている。
エアバッグ本体は頭全体を覆うフード形状で、地面を引きずられても破れることの無い耐久性のあるナイロン素材を使用しており、一般的なヘルメットよりもはるかに保護範囲が広く頭部全体を保護することができる。



« 異所性脂肪 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 有機薄膜太陽電池 »



■好評の無料メールセミナーはこちら