時事用語時事問題 > 健康> メタボランティア

メタボランティア

メタボランティアとは、体にエネルギーを過剰に蓄えているメタボリックシンドロームの人達に、スポーツなどを行ってもらい、その消費カロリーに応じた寄付金を、エネルギーが足りずに困っている飢餓状態にある人に食料として提供する取り組みを行っているNPO法人のこと。
「あたなの脂肪が地球をすくう」というユニークなコンセプトを掲げ世界の健康人口増加を目指している。
運動で消費したカロリーを1キロカロリー消費=1円寄付を基本としている。例えばフルマラソンは約2,400kcalなので(2,400円)の寄付になり、ボーリングは1ゲームで約50kcal(50円)の寄付となる。
寄付金の原資は、イベント参加費の一部を利用したり、企業から協賛しており、既存のチャリティイベントとほぼ同じ仕組を使っているため、導入へのハードルは高くない。



« 国民読書年 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 分煙 »



■好評の無料メールセミナーはこちら