時事用語時事問題 > 健康> メンタルヘルスケア

メンタルヘルスケア

メンタルヘルスケアとは、精神や心の健康管理を行うことで、心の健康状態が及ぼす身体や日常生活、学校、職場、仕事への影響と関連性を考慮して心の健康維持、管理、予防、そして状態がよくない場合には治療を行ったりすること。
近年、職場において労働者が受けるストレスが拡大する傾向にあり、仕事に関して強い不安やストレスを感じている労働者が6割を超える。
そのため職場におけるメンタルヘルスケアは、「事業場における労働者の心の健康づくりのための指針」として厚生労働省から指針が発表されている。
その中で職場のメンタルヘルス対策(通称4つのケアとも呼ばれる)は下記の4者がが継続的かつ計画的に連携を取って推進していくことが重要であるとされている。
1.セルフケア(個人)
2.ラインによるケア(管理監督者)
3.事業場内産業保健スタッフ等によるケア(人事・労務・産業医)
4.事業場外資源によるケア(専門医等の外部機関)
企業としてこのような指針に沿った対策を進めていくことは重要である。
メンタルヘルスケアにおいて個人単位でできることは、「いつもと違う」変化をとらることである。
例えば、遅刻・早退・欠勤の増加、気分のムラが激しくなった、仕事でミスが増えた、表情に元気がないなど。
ストレスによって生じる心身の変化について、自分や自分の周囲の人の変化を感じたら
相談する・相談に乗るなど、コミュニケーションをとるように心がけることで早期解決につながる。
相談を聞く場合は、専門家のように無理にアドバイスをしなくても、話を聞くことで相談者の役に立てる。
問題に気づく、心の整理をすることが出来る、話をしたことで心が楽になるなどの効果が期待できる。



« 国際宇宙ステーション | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 環境危機時計 »



■好評の無料メールセミナーはこちら