時事用語時事問題 > 健康> レスパイトケア

レスパイトケア

レスパイトケアとは、在宅で育児や介護を行なっている家族を癒すために行われているケアのこと。
欧米では地域支援サービスの一つとして広く浸透しているおり、日本では1976年にショートスティとして始まった。
その後、レスパイトケアは介護保険制度において短期入所生活介護・短期入所療養介護として位置づけられたことで現在では全国的に広がりつつある。
また、自治体によっては独自の制度を作っているところもあり、近年、問題が深刻化している児童虐待を防ぐためにも、児童相談所が育児に疲れた親が一時的に子どもを預けることでリフレッシュできるようレスパイトケアを実施している自治体もある。
レスパイトケアには、問題もあり、利用者の日常生活が崩れる場合があること、家族がケアを休むことへの抵抗(日本では、ケアを休む必要性が社会に浸透していないため)、満床や医療的ケア・認知症ケアが提供できない等で緊急時に即応的に対応ができない場合がある等、現状はまだ充分とは言えない。



« スマートテレビ | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 洗濯絵表示 »



■好評の無料メールセミナーはこちら